汗のにおい

汗のにおい対策/足やワキの汗の臭いを元からブロックする画期的制汗剤

汗のにおい

 

汗のにおいは自分では分からない。他人が臭いと感じる臭いです。

 

本人は自分の匂いですので、全く何も異臭を感じる事がありません。

 

又他人は臭いと思っても決して、あなたに臭いとは教えてくれません。

 

ですので、汗のにおいはどんどん酷くなり、鼻をつまみたくなるようなにおいになっているのですが、本人は全く気が付いていません。

 

汗腺には、アポクリン腺とエクリン線の2種類が合って、エクリン線は体全体にあり、全く無臭の汗を出します。

 

一方汗のにおいの原因であるアポクリン腺から出る汗は、ドロットした汗で独特のにおいを乾燥すると出し始めます。

 

アポクリン腺

 

アポクリン腺は脇の下や乳輪、陰部などに多くあり、そこから出た汗をしっかりとケアーせずにそのままにしておくと、凄いにおいを出してきます。

 

簡単なケアーとしては、良く汗を拭くなどありますが、真夏の暑い日にそれらの部分をいつも拭いて綺麗にしておく事は実質的の不可能です。

 

その他でよく使用する方法に、デオドラントを吹きかけると言う方法を利用する人が多くいのですが、このデオドラントスプレーは、根本的な問題であるアポクリン腺から出た汗を除去してくれるわけではありませんので、ほんの一時しのぎにしかならない事をうよく理解しておきしょう。

 

デオドラントは一時的にはいいにおいがしても、時間が経ちますと皮脂や汗と混ざって更に強い異臭を放ち始めますので注意が必要です。

 

やはり、一番の対策は汗をいかに抑えるかが大きな問題になります。

 

最近では、この汗自体を抑える事が出来る薬が発売されていますので、何となく自分は匂うのではと感じている方は、迷わずこのような商品を利用して、アポクリン腺からの汗を抑制しましょう。

 

この手の商品には、塗るタイプトスプレータイプがありますので、ご自分に合った方を利用する事で問題ありません。

 

サイドのバナーをクリックして頂きますと、この商品に対しての詳細が分かりますので、参考にしてください。
※スマートフォンからご覧の方はバナーはトップにございますのでそちらを参考にして下さい。

 

発汗、ワキガ・足の臭い阻止

 

汗ばむ時期、ワキの汗によるシャツやスーツのワキの下の汗染みや嫌な臭い、革靴やブーツの中のツーンとするにおいはほんと困りまし、自分での嫌になってしまいます。

 

気が付いたら、ワキの下が汗染みで、冷房の部屋に入ると、その部分が冷たくなり不快な気持ちになります。ブーツなんかは友達の家に呼ばれて、脱いだ瞬間に独特の臭いが広がるのが嫌で、なかなか脱げない時なんてよくある事です。

 

いろんなデオドラント剤や消臭剤がありますが、一時的な臭い隠しでしかなく、すぐに元の嫌な臭いに戻ってしまいます。

 

多汗症でない人でもアクティブな生活を送っている人は、ワキに染みた汗の臭いや、長く履いた革靴やブーツを脱いだ後の足のにおいは、男女関係なく悩みの種です。

 

ワキの下の汗染みは、洗濯しても落ちませんので、仕事でスーツが必要な人なんかは、汗のために何着もスーツを用意しなければならなくなります。

 

できる事なら、可能な限り抑えたい汗のにおいです。

 

汗のにおい

そんな悩みを解決してくれる画期的な、制汗剤があります。名前は、パースピレックス(Perspirex)って言います。

 

バービレックスの特徴は、デオドラントに比べて、圧倒的に効果の持続時間が長いことです。

 

有効成分の「塩化アルミニウム」が発汗の原因となる「汗腺」の深い部分に「フタ」をして発汗を抑えてくれます。

 

汗のにおいの原因の汗腺に直接働きかけて物理的に発汗を抑える効果があります。

 

通常の、デオドラントや、市販されている制汗剤では、少し動くとその効果が消えてしまうので、一日に何回も塗りなおさなければいけませんが、パースピレックスは
ただの臭い消しではなくて、根本的に汗腺に作用して臭いを消す効果があります。

 

一回の塗りで3〜5日汗を抑えてくれますので、汗染みや嫌な臭いから解放されます。

 

パースピレックスは世界中の美容クリニックで、ワキや手足の「多汗症」の治療に用いられている薬になります

 

パースピレックスの特徴

 

制汗剤で最近話題のパースピレックスの詳細や特徴についてご紹介していきます。

 

一度塗るだけで、効果が3〜5日持続する。1本で2〜3ヶ月分あります。

 

通常のデオドラントスプレーでは、効果があるのはせいぜい長くて数時間と言うところですが、パースピレックスは3〜4日は非常に長い間効果が持続しますので、全く汗にの匂いに対する効果がこちらの方が上になります。

 

ワキの下や手足の汗腺に直接作用して、汗を抑える効果があります。

 

デオドラントのような一時的な効果ではなく継続した効果が期待できます。

 

この商品は、汗のにおいを消す働きではなく、直接汗腺に作用して、汗自体を抑える効果がありますので、完璧に汗の匂いを防ぐ事が可能です。

 

パースピレックスは無臭ですので、どんな状況でもご使用いただけます。

 

ドラッグストアーなどで販売されている制汗剤は強いにおいを持った商品がほとんどです。たまたまこの臭いがいい匂いならいいのですが、ほとんどの場合強すぎて、鼻を衝く臭いの場合が多い様です。

 

衣料にいろや匂いが移る事はありませんので、塗っていても安心です。

 

通常の制汗剤ですと、色素を持っているものがあり脇の下などに使用しますと、色移りがしてしまう場合があります。それでなくても脇の下は皮脂などで色が変化しやすい場所ですので、なるべくこのような事が無い方がいいので、パースピレックスでは全く色は使用していません。
又臭いもありませんので、安心です。

 

皮膚への刺激等は全くありません。

 

アレルギー体質の人は、場合によっては制汗剤によるアレルギー反応が皮膚に出てしまう場合があります。
多くの商品がアルコール分を含んでいますので、アルコールの弱いひとは赤くなってしまったりします。

 

汗のにおいの原因

 

汗は何で、におうのでしょう?

 

皮膚には、ほとんど臭いのしない「エクリン汗腺」と、独特の臭いのある「アポクリン汗腺」と、「皮脂腺」の3種類の汗腺があります。

 

ワキの下や、乳輪には、「アポクリン汗腺」が多く、この汗のにおいは異性を引きつけるために大昔は使用されていて、独特の臭いを出します。

 

その他の部分には「エクリン汗腺」が多く、体温の調整などに使用されています。これが長く汗をかいた状態でいると、皮膚の上にいる常在菌が繁殖して、臭いの元を作ってしまいます。

 

汗のにおい

「皮脂腺」から出る皮脂は皮膚を守る働きをしているのですが、分泌が多すぎるとやはり臭いの元になってしまいます。

 

汗の臭いは、これらのものが混ざり合って独特な臭いを出すことになります。

 

ですので、汗臭くなりたくなければ、汗をかいたら細目に拭く事が大切です。

 

拭く事が困難な場合には、パースピレックスなどの制汗剤を使用してもいましょう。

 

パースピレックスの使用方法

 

1、寝る前に汗が気になる部分にパースピレックスを塗ります。
2、パースピレックスが完全に乾くまで待ちます。
3、翌朝、パースピレックスを塗った部分を軽くタオルで拭いてください。
4、制汗の効果が出るまで、1週間ほど毎晩塗って、その後は1週間に2〜3回塗るだけでOKです。

 

汗のにおいを消す入浴方法

 

汗のにおいは、汗と共に繁殖する雑菌を抑えて、皮膚の血行を良くすることで解消されます。

 

風呂に入る時に、酢をコップ1杯入れて入る(200mlの水)と汗臭さの解消には有効です。

 

酢に入っているクエン酸は殺菌効果があり、皮膚の表面を酸性に保ってくれますので、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

クエン酸の一部は汗腺から体内に吸収され、同時にお風呂の熱によって皮膚の血行も良くなりますので、乳酸の生成を抑えて、嫌なアンモニア臭の臭いも解消されます。

 

あまり高い温度の風呂ではなくて37度ぐらいの風呂にゆっくり入る事が有効です。

 

皮膚がふやけてしまうと、発汗ができませんので、塩を2さじ程入れておくと皮膚がふやける事がありません。

 

このようにした風呂に1週間ほど入っていると、かなり臭いもなくなり体臭が無くなります。

 

通常よくボディーソープなど使用する方は、たくさん洗剤を付けずに簡単に体を洗う事も重要です。

 

実際には体についている埃や垢などは、体を十分に熱いお湯で流す事でほとんど取れてしまいます。

 

汗のにおい

その意味では、しっかりとお風呂に入っていればしいて石鹸を使用して体を洗う必要はありません。

 

あまり強く体を洗剤で洗いすぎますと、皮脂が全て取れてしまって乾燥肌になる原因です。

 

お風呂での洗いすぎには注意しましょう。

 

最近では、抗菌作用と体の皮脂を調節してくれる入浴剤なども販売されていますので、ドラッグストアーなどで購入してみるといいと思います。

 

海外では、日本の様に体を洗剤で洗う習慣があまりありません。

 

ですが、何の問題も無く生活出来ていますので、日本人のお風呂に対する考え方は、世界から見ると独特の文化になります。

 

水分を抑えると汗が出なくなる?

 

汗かきの人は何となく汗をかいてはいけない場面になりますと、ついつい水分を補給する事をためらってしまいます。

 

水分が体の中に多いと汗が多く出てしまうと考えているのでしょう!

 

ですが実際にはこれは真実ではありません。

 

水分を補給したからそれが汗になる原因と考えるのは間違いで、実際に体の中の水分量が多すぎる場合には尿として出てしまうのです。

 

汗を急にかいてしまう体の仕組みは自律神経が大きく関与しています。

 

興奮したり、急に体を動かすなどしますと自律神経が反応して汗を出してしまいます。

 

自律神経には交換神経と副交感神経があり、寝ている時やリラックスしているときは副交感神経が活発に動き、忙しく仕事している時や運動などをしているときには交換神経が活発に働きます。

 

自律神経は名前の通り、自律して働いている神経で、意識しなくても勝手に体の中で動いています。

 

心臓の動きや呼吸などは、意識しなくても勝手に動いていますので、自律神経がコントロールをしています。

 

そんな自立神経に不具合があると、交換神経が必要以上に活発に働くようになり、暑くも無いのに汗をかいたりしてしまいます。

 

みなさんも経験があると思いますが、緊張するような場面では、手に汗をかいたりする事が多々あります。

 

汗のにおい

これも緊張と言うストレスが働いて自立神経を刺激して、汗が出てしまう仕組みです。

 

通常こうようなケースでは誰でも手に汗をかいてしまいますが、何も緊張していないのに汗をかいてしまう場合には自律神経失調症などの場合が多くあります。

 

自律神経はストレスに弱く、上手く働かなくなってしまうケースがおおいのです。

 

汗をかき始めると、何とか汗を止めなければト思う気持ちがストレスになり更に汗をかいてしまうと言う悪循環になってしまいます。

 

水をのむと汗をかくのではと思う気持ちが汗を招いてしまっています。

 

汗をかいても痩せない

 

汗をかくと痩せると思っている人が沢山います。

 

食べ過ぎたらサウナに行って一汗かいてくるかなんて思っている方は大間違いです。

 

本来の汗はさらっとしていて、体の温度調整のために使用されますので純粋に水分だけが体から蒸発して気化熱を利用しています。

 

この汗はさらっとしており舐めてもしょっぱくありません。

 

一方、舐めると塩辛い汗は多くのミネラルを含んだ汗でどろどろしていて、乾くと白くしみになってしまいます。

 

このようなドロドロの汗が渇いた状態の部位には細菌が発生しやすくなりいやな臭い発するようになります。

 

最近はこのような塩辛いドロットした汗をかく人が増えています。

 

原因はストレスや睡眠不足、食生活の変化などが考えられています。

 

通常の汗ですと、温度調整がメインですので体の中で脂肪は一切燃焼しません。ただ水分だけが温度調節のために出てくるだけで、出が水分の量だけ体重は減りますが、水分を補給しますと元に必ず戻ってしまいます。

 

サッカー選手などは1試合しますと体重が4kg程減ると言われています。

 

この体重差は確かに体の燃焼もありますが、ほとんどの部分が汗による水分の低下が原因になっています。

 

ですので、一旦試合を終えて水分の補給をしますと一気に3kgぐらいは体重あ元に戻ってしまいます。

 

実際体重が試合ごとに4kg減って行ったら10試合すると40kgになますので病人になってしまいます。

 

汗をかいたら痩せると思っている方はココで間違いを良く理解していきましょう!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ